<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 「夢列車、七夕号」のお知らせ♪ | main | 点滴。 >>
再検査。
電車夢列車、七夕号で


楽しい一時を過ごして


猫猫10猫8猫8猫4みんニャ帰ってきました。















猫ごろーは、点滴しながらの参加でも、


久しぶりに元気にハシャイだようです。


ハシャギすぎて途中点滴の針が抜けたり、


液交換をサンクさんやメイド姿の麦ちゃんに手伝って頂いたようです。



カトル君率いる虹の橋を渡ったみんニャのも合流し、



カンちゃんとも尽きる事ない話をいっぱいしたそうです。



茶トラ同盟の絆も深め、



次期茶トラ隊長候補は、レオ君が有望のようですね。





そして、しめじさくらさん企画の七夕の短冊の願事応募に、


ごろーの病気回復の願を書いて頂いた猫友さんたちがいらっしゃると連絡を頂きました。


皆さんのお気持ちに感激です泣く


本当にありがとうございますすいません





そして、多くの猫4猫5猫猫10猫5猫8猫3みんにゃから


労わって頂き、暖かい気持ちに触れ、感激したようです。


素晴らしい思い出が出来ました。


みにゃさん、ありがとうございましたすいません

















月夢から覚め、


猫ごろーには厳しい現実が待っていました。





病院病院の休診日、


やはり午後になると、段々元気がなくなります。



フードフードも全く食べません。




夕方病院病院へ黒電話電話して、診察をお願いしました。






診察台で待っている間も、


こんな感じで横になっています。









体全体を触診してもらうと、



お腹のあたりにしこりのようなものがありそう、との事。



明日再度レントゲンを撮って見るけど、それだけではわからないかもしれない。


とりあえず、皮下点滴をしてもらい、家車帰りました。




翌日、



フード食べません。


体重・・・ 5.50? 


体温・・・ 39.80℃


血液検査・・・ 白血球前回よりかなり減少
         血小板も増加
         黄疸も治まりました
 

レントゲン・・・左肺の上まで影が大きくなりました。


お腹のしこりの超音波検査をしました.






結果、やはりしこりはありました悲しい



次の段階としては、
しこりは開腹手術して取れるものなら取り、取れなければ細胞取って調べる。
手術をすれば原因はわかるだろうが、治るとは限らない。
そして、高齢で、肺の事もあり、麻酔をかけるにはかなりのリスクがある。
最悪、手術中に・・・という事も起こり得る。
手術をしたがために、体力がなくなり、徐々に弱ってしまう可能性もなきにしも非ず。
しこりは、高齢猫に多い、「腸リンパ腫」かもしれない。
肺へも転移しているかもしれない。
かもしれない、話ばかりだけれども、実際にしこりを見てみないと何とも言えない状況。
今の状況では、手術を勧めることがいいとは言えないく判断が難しいので、じっくり考えてください。


と先生から言われました。













飼い主である私が、

猫ごろーにとって一番よい方法を決断しなければいけません。      


        




       

微熱も続き、日に日に体重も減少。



ついに 5.02?




ここまでになると、ショックを隠しきれません。






フードフード、水も飲まない状況です。


初めは点滴で栄養も取れている、と思っていましたが、


そうではありませんでした。



点滴は、水分補給のみで、


早い話がポカリスエット(塩分)を注射しているようなものだそうです。





毎日の点滴だけでは、体重も減少して当然です。


点滴を打っても、一日で体から出てしまいます。





兎に角、ごろーが自力で食べてくれなければ、



栄養も取れず、体力が落ちる一方です。




手術をしても助かる保障はありません。






腸リンパ腫だったとしたら・・・


手術をし、痛い思いをして、


ごろーの寿命を縮めるだけなら・・・





こんな状態での手術では、体がもたないのでは・・・







悩んだ挙句、



今は 「手術しない」事にしました。



   






お腹の横のハゲは、超音波検査の時に毛を剃りました。











毎日の点滴で様子をみます。




ごろーが自力で食べる気になってくれるものを探さなくては。


毎日、毎回ごろーに、「お願いだから食べて~~」、と懇願しています。


色々な猫缶、パウチ、モンプチスープ、おやつ・・・・・


毎日色々試しますが、顔をそむけるのみ・・・・・



もう、どうしたらよいのかわからなく、



泣きたくなります泣く・・・・・








そんな私に、色々救いの手を頂きました。



この続きは次回に。



  
スポンサーサイト
ごろーちゃんとごろままさんは毎日戦っておられるのですね。何か食べて欲しいと祈られるお気持よくわかります・・・

私の場合は病気で食べない子にウエットフードの子猫用(一番栄養分が多いので)をドロドロにして(お白湯、猫用ミルクなどで)注射器の針のない状態の物で口の横からチュッと入れて食べさせていました

応援ごろーちゃんの印象が強く、またごろーちゃんが元気に鉢巻できる日が来ることをお祈りしています
ごろままさんもお疲れがでませんように・・・
ろろにゃにゃ | 2011/07/07 06:55
こんばんは

ごろーちゃん急変していたんですね。

今はごろーちゃんの、自然治癒力の
力を信じましょう。

ごろままさんがご判断されたことは
ごろーちゃんにとって一番最善な方法だった
と私は思います。
一番見てきたのですもの。

今はとても不安だと思います。
ここに来ているみんなはごろーちゃん
を応援しています。ごろままさんも。

何かあれば、いつでも仰ってくださいね。
お力になれることもあるかも知れません。

ごろーちゃんが早くよくなりますよう。
ゆきういっしゅ | 2011/07/06 22:55
思うように体を動かすことができない、ごろー君の気持ちを
考えると、心が痛みます
そして、重要な決断をしなくてはならなかったごろままさん。間違ってないと思います!
ごろー君。本当はいっぱい食べたいし、ごろままさんを悲しませたくなんてないのにね。
ごろーく~ん!絶対治るんだって気持ちを忘れないでね!
みんなが祈って見守って、応援してるからね
こみぞう | 2011/07/06 20:37
ごろままさん・ごろー君御一家様
こんばんは
ニャニャ君の赤いトラクターでは、ごろー君御一家のお隣に座らせて頂き、ヤッタネと喜んでいました。
夢列車では楽しく一緒に遊んだのに・・・。
現実はなかなか辛く厳しいですね・・・。
いつでもどんな時でも、何かを決断する時には精神的にキツイ事だと思います。
ごろー君の手術、もし私が同じ立場になっても、ごろままさんと同じ決断をしたかと・・・。
ごろー君がほんの少しずつでも口にしてくれる事を、祈るばかりです。
いつもごろー君とごろままさんの事、祈っています。
のびたんママ | 2011/07/06 18:04
ごろままさん こんにちは
ごろーくん 心配ですね
少しでも口に入ればと願わずにはいられません

ごろままさん、辛い決断でしたね
でも、ごろままさんの思いはちゃんとごろーくんにも伝わっています
信じましょう!
ごろーくんを
みなさんの応援、祈りごろーくんに届け!

ごろままさん大丈夫?
ご自愛下さいね
 
ローズpeco | 2011/07/06 14:07
辛そうなごろーちゃんを見てるのはこっちも辛いけど、ごろままさんご家族はもっと辛いはずですよね・・・
私がごろままさんの立場だとして考えたとき
この状態での手術は私もしないと思います。

ペースト状のフードも駄目ですかね?
下の歯の裏ににぺろっとつけると食べるんですが・・・無理かなぁ~?
猫は具合が悪くなると、一気に食べなくなりますよね。
何かよい方法が見つかって食べさせることができるといいのだけど・・・
今ごろままさん、一番辛い時ですよね。お体崩されませんように・・・
そしてみんなの願いが届きますように
hana | 2011/07/06 11:58
こんばんはー
 夢列車ではごろー君達にお会いできて嬉しかったってウチの皆が言ってましたよ~
お世話になりました
 ごろー君、体重減ってますね・・・
減りが早い・・・と思ったら、病院では食事は何も処置されていないということなのでしょうか
うちのゆうこさんも風邪引いて腎臓悪化させて水も飲めない食欲ない…だったときから、病院で遣り方を教わって、食事用の注射器で高栄養の療法食缶詰を食べさせることをしています
チューブで鼻から流動食を直接胃に入れるという方法もあると聞いたことがあります
でもしこりや肺の影がなんなのかも気になります・・・
強制給餌したほうがいいのか、しない方がいいと言う判断だったのか、一度お医者さんにお尋ねになって確認したらいいかなと思います
点滴だけで食べないのでは、体重も体力も落ちてしまう一方になってしまいますもん
 手術は・・・私だったら、やはりしないと思います
体重と体力が戻ってからなら、状況をみてもう一度考えたいと思います
 ごろーくんのお写真を見ていると、症状が重かったときのゆうこさんを思い出します・・・
顔は全然にていなのに表情が似てるような気がしてしまいます。何か考えているみたいな表情。
何を、思っているんでしょうね。
 うわ。長文ですいませんコメント返しとか御気になさらず、ごろー君とごろままさん、他の皆にゃんの調子を優先にしてお過ごし下さいませ~
しちにん | 2011/07/06 00:46
ごろーくん、辛い身体の中夢列車に参加して頂き
本当に有難う御座いました。

今、本当にごろーくんの事が心配です
手術も予想以上に、ごろーくんの身体にリスクを背負う
と考えると、ごろままさんのお気持ちは、相当な覚悟と
決断が必要だったと思います。
今は、心からごろーくんに元気になってほしいと願うばかりです。
きっと、全国のごろーくんファン達の祈りが神様に
通じる事を祈っています。
sabatora nyanya | 2011/07/05 22:29
ごろままさん&ごろうちゃん&ニャンズちゃん
こんばんは
負けてはいけません!
私はあきらめませんよ!
ごろままさん大丈夫ですか?
いつでもメール下さい。
私すぐにでも飛んで行きます
ごろうちゃんが元気になってくれるなら
私も頑張ります
どうしちゃったかなぁ。。。
ごろうちゃん、、、ちゃんと食べよう~~。。。
みんニャが見守ってるよ。。。
絶対によくなるって信じてるからね
ななこ | 2011/07/05 22:00
ごろーくん、しんどいね。
何か少しでも食べて…お願い
私も手術はやはり体力的な面から考えても不安です。
基本はとにかく口から食べてくれることです。
なんでもいいから
少しづつでもいいから食べて。
大好きなままを安心させてあげてねごろーくん。
ゆんたろう | 2011/07/05 21:43
ごろままさん

こんばんわ

入院後のごろおくんの様子を見ていましたが心配は膨らむばかり・・・

すっかり元気になったら「良かったですねー」ってコメントするつもりでした

しかし、現実は・・・
元々、静かなごろおくんが元気が無いと余計に心配でしょうね
今回の決断は辛かったと思いますがごろお君の事を一番思ってるごろままさんの決断ですから正しいと思います

私は神様を信じませんが今回だけは神様にお願いしたいです
ごろお君を元気にして下さい。
くーちゃんパパ | 2011/07/05 21:28
ごろークン、七夕号の旅楽しかったね。
ちまは大先輩のごろークンから、いっぱい色んなお話を聞かせてもらって嬉しかったって言ってました

でも、ごろークンの予想以上の診断結果に私もショックです
自分だったら・・・考えました。
今はごろままサンと同じ決断をすると思います。
麻酔をして、腫瘍を取るにはやっぱりリスクも大きいでしょうし、命を縮めてしまう結果になったら後悔してしまうと思うんです。

遠くから頑張ってとしか言えないのが情けないです
お医者さんの方で、流動食や栄養剤の注射なんかはしてもらえないのでしょうか?
本当にちょっとでいいから、食べ物を口にしてくれるといいと思います。 
ちままま | 2011/07/05 20:45
お腹のしこりが原因なんですかね・・・
でも手術に踏み切るなんて決心できないごろままさんのお気持ちはよくわかります。
私でもそうしたかもしれません。
点滴だけでは体重は減ってしまいますね。
どうにかして食事を摂らないと・・・
最悪無理やりでも食べさせる方法を取るしかないかもしれませんね。
うちのチビも自分からはごはんを食べたり水を飲んだりできません。
でもスプーンで無理やり口にペースト状の餌を食べさせて水もスポイトを押しこんでいます。
少し嫌がるけど、どうにか飲み込んでくれます。
ごろままさん、今とってもお辛いでしょう。
どうかブログでのやり取りが少しでも励みになること、祈っています。
キラりん | 2011/07/05 20:32
ごろーくん
まだ食欲がないですか。
心配しかできないので
心苦しいのですが
ごろーくんとごろままさんにとって
最良の決断をされたのだと思います。
でも、食べられないのは辛いです。
もりやす | 2011/07/05 19:10
ごろままさん、こんばんわ。
食欲もなくて体力も落ちている中の手術、迷って当然だと思います…
うちもガウちん、高齢&甲状腺機能亢進症があるから、短い時間でも麻酔かけるのにとてもとても不安でした。もう、先生を信じるしか…!って。
腫瘍が原因ならば、なにかごろーちゃんが食欲増してくれたり、改善される方法が見つかるといいんですが…
ごろーちゃんが少しでも食欲出ますように!!
花六 | 2011/07/05 18:45
ごろままさんのご心痛お察しいたします。私も「お願い一口でもいいから食べて」と泣きながら願ったことがあります。今はごろーちゃんの一日一日の一生懸命を応援し祈ることしかできませんことをお許し下さい。
ハマチィ | 2011/07/05 18:03
こんにちは

七夕号でのごろーちゃんは 病気だと言う事を忘れさせる
くらい楽しそうで元気でしたが みんにゃの前では元気に
振舞っていたのかなぁ。

再検査の結果は ごろままさんに難しい判断を
させる事になってしまいましたね
どの判断がごろーちゃんにとってBESTの判断なのか
本当に悩んだと思います。
食事を摂らないので体力が落ちる一方ですが 少しでも口に
してくれるといいですねぇ。
ごろーちゃんにとっても辛い日々ですが 大好きなおで
大好きなごろままさんと一緒に居れて 大好きな仲間と一緒に
穏やかに過ごして 少しずつでも回復して欲しいです。
いつも 同じようなコメントでごめんなさい。 頑張ってねぇ
とどちゃ | 2011/07/05 17:30
ごろー君、しんどそうですね

何もしてあげられないのが辛いです。
何か食べられるものが見つかればいいのですが・・

ごろままさんもお身体気をつけて下さいね。


ごろー隊長!
ボクの様な未熟者では、茶トラ同盟はまとめられニャイです。
早く元気になって、また一緒に茶トラ会議を開きましょう
みんにゃで、応援しています(byレオ)
サバトラ | 2011/07/05 16:17
ごろままさん こんにちは。
家族として いろいろな選択を迫られることってあります。
私は 治療方法など、ごろままさんが ごろーくんのために選んだ「選択肢」を 心から 応援したいと思います。

頑張って しか言えないこと、とても辛いです。
でも、心から ごろーくんのこと、応援しています。
ごろーくんが ごろままさんに笑顔を 1日も早く見せてくれますように。
シバザクラ | 2011/07/05 16:09
こんにちは

夢列車の旅、ごろーくんも楽しめてホントに良かった
麦もお役に立てて嬉しそうでしたよ
次回も一緒に行きましょうね

ごろーくんの事、色々考えて決断されたのですね。
ごろままさんもお辛いとは思いますが
一緒に頑張っていきましょうみんな応援していますから
何か栄養のあるものを食べられるといいですね!
ご飯講座の講師の方の知り合いの猫さんは
メロンしか食べなくなったそうです。
何かひとつでもみつかる事を祈ってます
麦まま | 2011/07/05 14:58
ごろままさん、ごろーちゃんファミリーのみにゃさん七夕号ではお世話になりました

ごろーちゃん再検査・・・
大変でしたね
なんの病気でもごはんを食べて体力つけないと治療もできませんものね
なんとか食べられるものがあるといいんですが・・・
昔ミカンが初めてのワクチン直後に具合が悪くなり1キロもない体重がどんどん減っていったときのことをおもいだします
そういえばあの時先生が食べさせてくれたごはんたしか大人が食べても大丈夫だった!
さっそくお店に行き今日発送しました
ごろーちゃんが一口でも食べてくれることをお祈りしています

ごろままさん暑い日が続きますが体調にはくれぐれも気を付けてくださね

ミカンママ | 2011/07/05 14:35
ごろーちゃん。。。そんなことになってたなんて。。。
七夕号で、「ごろーちゃん点滴中」と聞いたので、急いでこちらへ
やってきたんです>。< 何も知らなくてごめんなさい。。。
私も以前のニャンコが、12歳で目の上に腫瘍ができ、虹の橋を
渡りました。最期はとてつもなく苦しみ逝かせてしまいました。
ごろままさんのように私も涙ながらに悩みました。。。
手術をすべきか、それともこのまま過ごさせてあげるか・・・。
6年経った今でも、この決断で良かったのか分かりません>。<
でも、ごろままさんの出した答えに、ごろーちゃんは素直に受け入れてくれると思います。
私も、タマの時のこと、そう思っています・・。家族ですもの。
エラそうなこと言ってごめんなさい・・。
ごろーちゃん、少しでもご飯食べてくれることお願いしてます・・。
かぼちゃま | 2011/07/05 14:16
ごろままさん、こんにちわ。

私も考えました。。。
ごろままサンと一緒で手術はしないと決めたと思います。
リスクを考えると、体力の事を考えると
やっぱり手術には踏み切れないと思いました。

ゴロー君に食欲が出る事を・・・
そして少しずつでも元気が戻りますように、
大阪より応援しています。
ごろままサン、全国のみんながついています。
頑張りましょうね
miko | 2011/07/05 13:32
こんにちは。
ごろー君、しこりがあったんですか・・・。
とにかく何か、食べられるもの・・・
パウチもスープ系のもので、
匂いでそそる為に、少しあたためてみるとか・・・。
ごろー君が、少しでも食べられるように
祈ってます。

すず姫 | 2011/07/05 11:56
ごろーくん、シンドいのね・・・辛いな~

点滴・・・おシッコの出が多くなります、でもやはり食事が取れないと・・・先代の頃そう思いました。

ごろままさん、ご自愛くださいませ
ルイ | 2011/07/05 10:54
ごろままさんの辛さ、痛いほど分かります。
元気のないごろーちゃんの顔を見ると本当に悲しくなります。
私もごろままさんの立場だったら同じく手術をしない方を選んだと思います。
麻酔のリスクとストレスが増えることは危険ですもの。

ご飯・・・お魚やササミなどを湯がいたものも食べませんか?暖かいものの方がおいしい香りがして食欲が出ることもありますよ。
ネフェルタリ | 2011/07/05 09:10
ごろままさん、ごろーくんこんばんは。

何とか栄養のあるごはんが食べれますように・・
祈っています。ごろーくん、頑張って下さい。
毎回、同じようなコメントでごろーくん、ごろままさんごめんなさい。



こねこ | 2011/07/05 01:46
ごろままさん、こんにちは♪
ごろーちゃん、夢列車「七夕号」では、凄く楽しまれたようですね、家のタマとベルも楽しかったと言ってました
ごろーちゃんが、点滴付けていたから、心配してました
ごろーちゃん、腫瘍があるんですね、お話聞いてると、家の姉の時と同じような感じですね
確かに、開腹手術は体にも負担がかかるし、麻酔も猫ちゃんにとっては負担が大きいですからね
点滴、人の点滴も同じですよ、以前テレビで聞いた事があります
ごろーちゃん、食欲がないのは、腫瘍のせいでしょうね、家の姉も食欲落ちましたから、ホントにごろーちゃんが食べてくれるものがあると良いんですが、今度、漢方薬の事先生にお聞きしてまた近いうちにさせて頂きますね♪
家の母が飲んでる漢方薬は、「冬虫夏草」(とうちゅうかそう)と言う漢方薬なんですが、肺の機能をあげる効果と、癌の抑制の効果もあります、漢方薬は、体を温める事で、免疫力をあげるお薬なんですよ、抵抗力が落ちるのは、体を冷やした時ですから、温めた方が免疫力は上がるそうです、ただ体温が上がり過ぎると、体の方が悲鳴あげちゃうんですよね、なので適温があるんですよね。
冬虫夏草は、昆虫の栄養分を菌に吸収させて作るらしいです、なので栄養分の塊なんですよね、以前は中国から輸入してたらしいんですが、今では日本で作られていて安全だそうです、ただネットとかだと出所がわからないので不安はあるそうです
マイキー | 2011/07/05 01:38
COMMENT









Trackback URL
http://pt-0000000538.jugem.jp/trackback/148
TRACKBACK